ディスティネーションファースト

Webページを閲覧する際、知りたい情報をできるだけ早く得る 、つまり目的地に早く到着できることが重要という考え方をディスティネーションファーストといいます。特に、狭い画面のスマートフォンで、ユーザーにとって必要なのは何かを考えて追求すると、何よりも「情報」だということを理解できると思います。

Webデザインの煌びやかさを押し出すよりも 、欲する情報へ最短でたどり着くという前提で考えると、必要な情報だけを拾い読みできるような構造がベストなのです。これが階層構造を正しく設定する理由であり 、結果、 ユーザーの利便性にもつながるのです。加えて、 SEOにも良い効果をもたらします。

例えば、 「SEO対策 福岡」で上位表示を狙う場合、キーワードをキー分化すると 「SEO」、「対策」、「福岡」に分けることができます。

このうち、最優先したいキーワードを 2つ選定します。「SEO」と「対策」を選定したとするならば、次のようにしましょう 。

 

<h1>SEO対策は福岡の・・・・・・<h1>

<p>・・・・・・・・・・ ・・<p>

<h2>SEO対策で・・・・・・・<h2>

<p>・・・・・・・・・ ・・・<p>

 

これは入れ子、つまり構造を細分化させるうえでも理に適 っています。 「SEO」+ 「対策」+ 「福岡」という大枠について書いたコンテンツから、さらに掘り下げて、 h2タグでは 「SEO」+ 「対策」という 、h1よりも小さな枠 へと細分化されてます。

 

作成者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です